運転免許の取得方法

No Comments

運転免許の取得までに必要な期間は、約2週間から9ヶ月と決められています。この期間というのは最初の教習が始まってから卒業証明をもらうまでとなっていて、この期間とはまた別に、仮免許有効期限や卒業証明をもらってから卒業検定を受けられる期限が決まっています。この9ヶ月という期間は、基本的に合宿で免許を取得する人にはあまり関係がありません(卒業検定までの期間は注意が必要です)が、教習所に通って免許を取得する人はあまりにも授業の間隔を空けすぎると、この期間を超過してしまう可能性があります。

では、ここで運転免許の取得方法を比較していきましょう。

まず一つ目が、教習所に通って免許を取得する方法です。これは、定期的に教習所まで通い授業を受けて免許を取得する方法になります。学生でないためまとまった長期休暇が取れない人や、学生でも閑散期を狙って暇な時間に通える人、単純に合宿がいやだという人が活用する傾向にあります。

教習所に通って免許を取得する際に注意したいのは、教習所の種類です。指定教習所か層ではない教習所かは入校前にしっかり確認しましょう。公安委員会が指定した自動車教習所のことを指定教習所と呼びますが、これと違い指定でない自動車教習所では、仮免許の技能試験の場所が教習所でなかったりすることが多く、細かいところの不便を感じる人が多いようです。

また、一番大事なのは通いやすさでしょう。教習所通いの免許取得では、およそ教習所に行く回数は20回で、行っても希望する時間の予約がいっぱいだったりして思うように行かないと30回ほどになるケースもあります。そのため、交通費、時間はとても重要になります。よく、友達と同じ教習所を選ぶ人がいますが、座学の授業以外は基本的に一人なのでそこまで意味はありません。通いやすさを重視するのがおすすめです。

Categories: Uncategorized

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *