応急手当の実際

No Comments

教習所や合宿免許などで晴れて免許を取得でき、タクシーやバスの運転手として働く方もいるかもしれません。

運転手として交通事故に遭遇した際、負傷者を救護しなければなりません。出血していれば、止血することが求められます。直接圧迫止血法でも関節圧迫止血法でも止まらない時は、止血帯を使って手や足を強く縛り、血流を遮ります。但しこの方法は最後の手段であり、専門家の指導を受けていない人が行うのは危険ですから、安易に踏み切らないようにします。負傷者の意識が確認できない時は、呼吸を助ける必要があります。まずは気道を確保するようにしましょう。方法はそれほど難しくありません。頭を後方に反らせて喉を広げればよいのです。ただし体勢をどのようにすれば良いのかについては訓練の末に身に付くスキルなので、自信の無い人は無理に行わないようにします。とはいえ、呼吸が認められない時は無理に気道を確保して、人工呼吸を施す他ありません。いわゆる口移しによるものであれば、素人でもそれほど難しくありませんが、普段から訓練を受けておいた方が無難でしょう。

ところで呼吸と脈とは連動するとは限りません。呼吸が認められない時でも脈の動きが確認されることもあります。万一呼吸も脈も認められない時は、人工呼吸に加えて心臓マッサージも施さなければなりません。心臓マッサージは素人がすぐに行えるものではなく、日ごろの訓練が物を言います。プロの運転手であれば、そうしたトレーニングを欠かさないようにしましょう。

さて、タクシーやバスには、持ち込みが禁止されているものがあります。いわゆる危険物がそれに当たりますが、出入口を塞ぐ恐れのあるものや、他の乗客に迷惑を掛ける恐れのある物も含まれます。

Categories: Uncategorized

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *