乗務交代

No Comments

タクシーを運転できるようになるためには、教習所や合宿免許で免許を取得する必要があります。

タクシーの運転手は常務交代の際、次の運転手に申し継ぎを行わなければなりません。例えば車の異変を察知した時はその詳細を伝えなければなりませんし、運行中に気付いた道路の状況についても可能な範囲で教えることが求められます。もちろん特に報告が無かった場合でも、継いだ運転手は改めて車の安全チェックを行わなければなりません。特にハンドル、ブレーキ等の機能に問題がないかを確認することは、全運転手に義務付けられています。また乗務が終わった時は乗務記録を作成することも課されます。

ところでタクシーの「回送板」とは何でしょうか。タクシーの運転手は休憩時はもちろんのこと、帰路回送時や乗務距離の最高限度超過時、車の故障時にも、回送板を掲示しなければなりません。回送とは、そのまま車庫や営業所に向かうことを指しており、乗客を断ることが可能です。但し回送板は好き勝手に掲示できるわけではありませんから、上記のケースを除いて徒に掲げることの無いようにしましょう。

運転手としての格好に決まりはありませんが、運転を妨げるような格好は避けるべきでしょう。また、乗客を不快にさせるような格好も禁じられています。

Categories: Uncategorized

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *