バスの運転手が守るべきこと

No Comments

タクシーやバスの運転手になるには、教習所や合宿免許で免許を取得する必要があります。

バスの運転手には、タクシーの運転手とは異なる遵守事項が存在します。例えば不必要な会話は禁じられていますし、車掌がいる場合は連携が必要になります。車掌の合図には従わなければならず、発車時、後退時は車掌の誘導に沿った運転を心掛けます。

旅客運送の運転手はそもそも、高い責任感が要求される仕事です。運転のプロとして交通ルールを守ることは当然ですし、周囲の運転に不慣れな人に対して、優しく接することも規範となっています。車は現代社会において、事故死を生み出す凶器でもあります。しかしもはや欠かすことのできないものともなっており、皆がルールを守り、譲り合わなければならないのは自明です。その模範として求められるのが、プロの運転手の行動なのです。交通ルールは、道路を利用する全ての人が、安全に、スムーズに通行できることを目途としています。その交通ルールを守ることは社会人としての責務なのですが、残念ながら皆が遵守しているわけではありません。運転手は交通ルールを教示する存在として、社会の敬意を集める仕事だと言えるでしょう。

Categories: Uncategorized

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *