交通事故

No Comments

交通事故に遭遇して冷静で居られる人はいません。しかし出来る限り気持ちを落ち着けて、自分のなすべきことに心血を注ぐことが求められます。最優先事項は乗客の安全確保、負傷者の救護であり、それらが無事済めば、続発事故を防止するための措置を施します。次に警察や救急に通報し、遺留品が散らばっていれば保全するように努めます。余裕があれば負傷者の家族に連絡するようにしましょう。

続発事故を防ぐためには、適切な措置が肝心です。しかし難しいものではありませんから、冷静になれば誰でも適切に行動できるはずです。最初にすべきことは、車を安全な場所に移動させることです。路肩や空き地が望ましいのですが、状況次第とも言えます。こうした対処を冷静に行うためには、日ごろからイメージトレーニングしておくことが運転手に求められます。負傷者の救護については、医療関係者でない以上、出来る範囲で最善を尽くすしかありません。救急車を呼んだ後は、応急手当が必要になります。応急手当は旅客運転手であればトレーニングを受けるはずですが、実際に事故に遭遇したら、訓練通りに実施するのは難しいでしょう。ただ出来る限り冷静になって、覚えていることを試みます。応急手当の最中は電話連絡することも儘なりませんから、警察等への連絡は周囲の人にお願いするようにしましょう。自分で連絡する場合は、事態を正確に報告し、その都度指示を仰ぎます。乗客の所持品が飛散している時は、なるべく保全するように努めます。

運転手自身が負傷することもあるでしょう。軽傷だと見て病院に向かわないのはいけません。外見から異常が無いようでも、医師の診断は必要になります。特に頭部に衝撃が伝わっている場合、後遺症が生じる可能性もあります。後遺症はすぐに生じるものではありませんから、医療関係者の診断の前に素人が判断すべきではないのです。

Categories: Uncategorized

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *