エコ技術の融合の模索

ハイブリッド技術はしばしば「ディーゼル」と対比して紹介されてきました。
ハイブリッドは内燃機関と電気モードを組み合わせて燃費効率を上げる技術で
あるのに対し、ディーゼルは内燃機関の一種のことであり、視点の矛盾を認識
されつつも、「ハイブリッドとディーゼルは、果たしてどちらが有効なエコ技
術か?」というような趣旨の記事が掲載されてきた過去があります。技術とし
ては、ディーゼルとハイブリッドは対立するものではありませんし、燃費の向
上を追求していくのであれば、両者は融合されるべき技術と言えます。
 現時点のハイブリッドカーはガソリンエンジンを搭載していますが、これが
ディーゼルエンジンになっても構わないのです。むしろ単純に燃費効率で考え
れば、間違いなくディーゼルの方がポテンシャルが高く、ヨーロッパの自動車
メーカーの中には、将来ハイブリッドカーを商品化するとなれば、そのエンジ
ンはディーゼルになる可能性が高いと明言しているところもあります。
 現状のハイブリッドカーの主要マーケットがガソリン車主体の日本と北米に
あるため、日本ではディーゼル技術にそこまでの重きをおいてはいません。一
方、ヨーロッパでは、ハイブリッド技術において日本に遅れをとったという側
面もあるにしろ、ディーゼル技術の開発を進めています。なぜならヨーロッパ
のように車の平均速度が速く、アイドリング時間が短い地域においては、ハイ
ブリッド技術よりも、巡航燃費に優れたディーゼル技術の方がよりメリットを
持っているからです。燃費が良いということは、同時に二酸化炭素の排出量が
少ないということにもなるため、環境意識の高いヨーロッパの人々はますます
ディーゼル車を選ぶようになっています。
 ハイブリッド技術も突き詰めて考えていくと、内燃機関の選択がディーゼル
になる可能性が高まっていきます。今後日本でも、ディーゼル技術の研究が盛
んになっていくでしょう。

Categories: Uncategorized