マニュアル車のブレーキについて

ブレーキについては、ブレーキランプが徐々に点灯して、車の速度も徐々に泊まっていくように、ブレーキをゆっくりなだらかに踏んでいくことがポイントだというふうに言えるわけです。急ブレーキは、様々な場所で事故の元となっており、例えば、高速道路などの場合には、事故にならないにしても、渋滞を起こす原因は、かけなくても良いブレーキや、急ブレーキなどが連鎖的に起こることで、多くの車が渋滞に陥ってしまうというような研究結果があるというふうにも聞いたことがあるような気がするわけですから、特に注意をしておくことが重要だと言えるでしょう。そして、20 kg 近くまで落としたら、クラッチを踏んで、速度がさらに落ちてきたら、しっかりとクラッチをめいっぱい踏む、という一連の動作を行い、後は、指導教官などによって示された、目標の場所に合わせて、ブレーキを踏んでいき、きちんと停車するというような具合になっているわけです。このような動作を、教習所などでやっている際には、少しラインをオーバーしてしまったりした際に、やり直すさいに、慌ててしまう人がおおいというふうにも言われていますが、焦らず、焦らず、改めて発信するくらいの気持ちで、いておくことが重要だ、という風に言えるでしょう。結局のところ、このような動作というのは、慣れなければ、なかなか覚えることができず、歴史の勉強などのように、頭の中で繰り返し唱えれば覚えられる、というような類のものではありません。体の感覚も、一緒に覚えなければ、いざという時にスムーズに動作をすることができませんし、実践と、勉強を繰り返していくのが、教習の難しいところである、というふうに言えるでしょう。

Categories: Uncategorized