車の運転の中でも苦手な事柄

定期的に車の運転をする事で、ドライビングには慣れてきたとしても、どうしても好きにはなれない運転技術はありませんか?例えば、デパートの地下駐車場の中の暗く狭い空間で車を駐車させるスキルであったり、狭い道での対向車とのすれ違いであったり…、車を運転する事自体は心地良いのだけれども、どうしても好きになれない運転技術というものが大抵のドライバーたちにはあるはずです。以前、腕の良いドライバーに、どういった方法で運転技術を磨いたのかと尋ねてみると、運転免許を取得した青年時代の友人の実家は、地方の田舎の山奥にあり両親が山をいくつか所有していた事から免許を取りたての彼が車を運転する為の広大な私有地に恵まれていた事が、運転技術を磨く為に役に立ったのではないかと話してくれた事がありました。都会暮らしの中では、車の運転に慣れていない人が、自由な空間で安全にドライバーとしてのスキルを磨く事は、環境としては難しいでしょう。サーキット場などでは、プロのドライバーでなくとも一般のドライバーたちが公道を走る為の運転技術を学ぶ講習会などもイベントとして開催されているようですので、サーキット場などのイベント事に参加して、車を動かす感覚などを磨く事も腕も車の運転の上手いドライバーへの要素として大切なポイントとなってくるのかもしれません。車のハンドルを思いっきり動かすと車はどのような動きをするのか、雨の日などの濡れた路面の上で急ブレーキをかけると、車にはどのような負荷がかかるのだろうか、そんな日常では試す事のできない事柄をサーキット場で体感する事は、普段のドライビングスキルに良い影響としてドライバースキルを磨いてくれるかもしれません。

Categories: Uncategorized