現代人にとってのマイカーとは

自働車免許を取得する際、合宿免許に参加したり、地元エリアの自動車教習所や自動車学校などに通いながら、学科と技能試験をすべてクリアする事が求められてきます。それぞれの試験に落ちても再度試験に挑めば良いとは分かっていながらも、実際に落ちてみると、結構、落ち込むものですよね。このようにいくつものハードルを乗り越えて、実際に車の免許を取得したとしても、ペーパードライバーとして、運転免許証は身分証明書としての役割しか果たしていない人がいるのですから、なんだかもったいない気もしています。実際、教習所などに通う費用をしては、数十万円必要な訳ですから、身分証明書としての扱いは、何とも経費の無駄でありますよね。少し前の時代であれば、就職に普通免許の取得は当然であるような時代もありましたが、現代の若者たちは、どうやらそうではないようです。実際に都会暮らしの中では、バスや電車の交通網が整備されているので、マイカーを所有していなくとも、なんの不憫を感じない生活を送る事もできるでしょう。最近では、カーシェアなどで、マイカーを所有しない人々のモデルケースが増加傾向にもあるようです。実際に車を新車で購入するとなると、決して気軽に買えるようなお値段ではないのですから、なくても充実した生活スタイルを保てるのであれば、マイカーを所有する人々は必然的に減少してしまいますよね。

Categories: Uncategorized