高齢者ドライバーと認知機能

超高齢化社会に突入した日本社会の中で、高齢者ドライバーは増加傾向にあります。若者世代が合宿免許などでライセンスを取得しても、ペーパードライバーとして車離れをしているにも関わらず、高齢者は元気に車社会を楽しんでいるのですから、なんともおかしな状況であるとも感じます。実際には、歩く事や体力的な問題を抱える高齢者こそが車での移動を必要不可欠なもとして求めているのかもしれませんが、身体的な衰えとともに高齢者ドライバーの認知機能の衰えが、社会問題とされるほど各メディアで取り上げられています。車の運転には、「集中力」「判断力」「注意力」などが常に求められてきますが、このような脳の機能が衰え始めると、物忘れや日常生活の中でもうっかりミスを起こしやすくなると言われています。車の運転でのうっかりミスは、大きな事故につながりかねませんから、高齢者ドライバーの認知機能の衰えには、セルフチェックや家族の定期的な判定が必要となってくるでしょう。そのような認知機能のチェックとともに、脳に刺激を与える事が認知の衰えを予防すると考えられています。日々の生活の中では、どうしても面倒となるような事柄を避けがちになり、出来る限り楽な生活を選びがちですが、あえて面倒な事に挑戦してみる事も脳の活性化に役立つようです。趣味などのジャンルの幅を広げて新しいことにチャレンジしてみる事も良いかもしれませんね。

Categories: Uncategorized