カテゴリー: Uncategorized

現代人にとってのマイカーとは

自働車免許を取得する際、合宿免許に参加したり、地元エリアの自動車教習所や自動車学校などに通いながら、学科と技能試験をすべてクリアする事が求められてきます。それぞれの試験に落ちても再度試験に挑めば良いとは分かっていながらも、実際に落ちてみると、結構、落ち込むものですよね。このようにいくつものハードルを乗り越えて、実際に車の免許を取得したとしても、ペーパードライバーとして、運転免許証は身分証明書としての役割しか果たしていない人がいるのですから、なんだかもったいない気もしています。実際、教習所などに通う費用をしては、数十万円必要な訳ですから、身分証明書としての扱いは、何とも経費の無駄でありますよね。少し前の時代であれば、就職に普通免許の取得は当然であるような時代もありましたが、現代の若者たちは、どうやらそうではないようです。実際に都会暮らしの中では、バスや電車の交通網が整備されているので、マイカーを所有していなくとも、なんの不憫を感じない生活を送る事もできるでしょう。最近では、カーシェアなどで、マイカーを所有しない人々のモデルケースが増加傾向にもあるようです。実際に車を新車で購入するとなると、決して気軽に買えるようなお値段ではないのですから、なくても充実した生活スタイルを保てるのであれば、マイカーを所有する人々は必然的に減少してしまいますよね。

Categories: Uncategorized

車の運転の中でも苦手な事柄

定期的に車の運転をする事で、ドライビングには慣れてきたとしても、どうしても好きにはなれない運転技術はありませんか?例えば、デパートの地下駐車場の中の暗く狭い空間で車を駐車させるスキルであったり、狭い道での対向車とのすれ違いであったり…、車を運転する事自体は心地良いのだけれども、どうしても好きになれない運転技術というものが大抵のドライバーたちにはあるはずです。以前、腕の良いドライバーに、どういった方法で運転技術を磨いたのかと尋ねてみると、運転免許を取得した青年時代の友人の実家は、地方の田舎の山奥にあり両親が山をいくつか所有していた事から免許を取りたての彼が車を運転する為の広大な私有地に恵まれていた事が、運転技術を磨く為に役に立ったのではないかと話してくれた事がありました。都会暮らしの中では、車の運転に慣れていない人が、自由な空間で安全にドライバーとしてのスキルを磨く事は、環境としては難しいでしょう。サーキット場などでは、プロのドライバーでなくとも一般のドライバーたちが公道を走る為の運転技術を学ぶ講習会などもイベントとして開催されているようですので、サーキット場などのイベント事に参加して、車を動かす感覚などを磨く事も腕も車の運転の上手いドライバーへの要素として大切なポイントとなってくるのかもしれません。車のハンドルを思いっきり動かすと車はどのような動きをするのか、雨の日などの濡れた路面の上で急ブレーキをかけると、車にはどのような負荷がかかるのだろうか、そんな日常では試す事のできない事柄をサーキット場で体感する事は、普段のドライビングスキルに良い影響としてドライバースキルを磨いてくれるかもしれません。

Categories: Uncategorized

軽自動車の安全性能

軽自動車に求められることは、コンパクト性や足回りの良さに多くのユーザーが支持しているようですが、最近では、その他にも、燃費や安全性といったものにも大変注目が集まってもういるようです。自動車の安全装備を語る上で、どうしても高級自動車の充実度が語られがちですが、現在では、軽自動車の安全装備においても、最新鋭の装備を装着している車種もあります。実際には、メーカーによって大きな違いがあるようなのですが、その機能の違いも、それぞれの車種の特徴を表しているようですので特別に注目しておきたいところです。安全整備の中でも、多く語られているのが、衝突軽減ブレーキや、誤発進制御機能、歩行者事故低減ステアリングに加え、先行車発進お知らせ機能など、様々な最先端な安全装備が、続々と加わっているようです。また、急ハンドル時に起こる横滑りを軽減するようなシステムや、自動車免許を取り立ての人たちが苦手とする坂道発進時のペダルの踏み替えなどにおいて、車の後退をサポートするアシスト機能など、様々な予防安全装備も充実度を上げているようです。さらには、適度な車間距離を保ちながら前方の車に追従し走行することができることで、アクセルペダルを踏まなくても良いと言ったような、高速道路の走行時などに運転負担を軽減するといったような最新の機能を搭載している軽自動車などもあるようです。

Categories: Uncategorized

合宿免許のメリット

はじめて自動車の運転免許を取得するとき、なるべく短時間で取得を目指したい、費用を安めに済ませたいというときには、合宿免許での勉強がオススメです。合宿として自動車学校に決まった期間通うことで、免許の取得を目指すことができます。集中して講習を受けることができるため、通学で学校に通う場合に比べて、短期間で取得ができることが特徴です。春休みや冬休みなど、まとまった休みに合わせて合宿免許に行くという人も多い傾向にあります。通学で通う場合と同じで、学科や技能、検定といった教習の進め方をしていきます。ただし、合宿免許の場合は先にきちんとしたスケジュールが組まれているため、効率良く勉強を進めることができます。合宿免許のメリットとしては、短期間で可能・費用が安い・確実な免許取得を目指せる、ということがありますが、他にも合宿免許ならではの良さがあります。まず、同じ目的を持った人と知り合えるという点です。合宿という形であるため何度も言葉を交わすことができますし、友だちができるという場合も少なくないそうです。一人で勉強をしているとどうしても気持ちが塞いでしまうこともありますが、友だちがいることで互いに励まし合いながら頑張ることができます。他にも、合宿という環境もプラスになるでしょう。自宅を離れて合宿地という場での勉強になるため、集中することができます。普段と違う場所で一定期間を過ごすため、旅行気分を味わうこともできます。場所によってはイベントや温泉などが楽しめるというプラン、食事をすべて用意してもらえる場所や、自炊を楽しめるということもあるそうです。自分に合った場所を選ぶことで、楽しく勉強を続けられることも魅力と言えるでしょう。

Categories: Uncategorized

ミスをしてしまった場合の回避方法

前輪がつっかえてしまった場合には、ハンドルをそのまま戻して、ストップすることが重要だという風に言えるでしょう。そして、支えた方にハンドルを回して切ることで、うまく元の位置まで戻ることができるわけです。とにかく、重要なのは、苦しくなった場合には最初の位置まで戻すことと、大きく大きく、車を動かそうとするのではなく、小刻みに少しずつでも良いから、切り替えして、カーブを超えていくということがポイントであるという風に言えるかもしれません。実際の運転では、狭い路地なので支えてしまっては、交通の妨げになるだけではなく、自分自身を危険な目にさらしてしまうことにもなりかねません。つかえそうだなという風に思った時点で、バックしてやり直すという勇気を持っていくことが何よりも重要だというふうに言えるでしょう。そして、このようなクランクや切り返しなどの厳しいカーブなどの際には、スピードが出すぎていないかを必ず確認しておくことが重要だと言えるでしょう。スピードが出過ぎている場合には、ハンドルを目一杯負けても、十分に車を曲げることが難しく、ハンドル操作が間に合わなくなってしまい、衝突や乗り上げ脱輪などといった事故にもなりかねないという風に覚えておくことが重要だというふうに考えられるわけです。このような場合、何度も切り返しなどのハンドル操作をしなければならないというような事態にもなりかねませんから、注意しておくことが重要だと言えるでしょう。速度はゆっくりと保っておき、ハンドルはなるべく素早く、大きく、大きく回すというような気持ちで臨むことが重要だという風に言ってしまって良いのではないかと考えられます。

Categories: Uncategorized

マニュアル車のブレーキについて

ブレーキについては、ブレーキランプが徐々に点灯して、車の速度も徐々に泊まっていくように、ブレーキをゆっくりなだらかに踏んでいくことがポイントだというふうに言えるわけです。急ブレーキは、様々な場所で事故の元となっており、例えば、高速道路などの場合には、事故にならないにしても、渋滞を起こす原因は、かけなくても良いブレーキや、急ブレーキなどが連鎖的に起こることで、多くの車が渋滞に陥ってしまうというような研究結果があるというふうにも聞いたことがあるような気がするわけですから、特に注意をしておくことが重要だと言えるでしょう。そして、20 kg 近くまで落としたら、クラッチを踏んで、速度がさらに落ちてきたら、しっかりとクラッチをめいっぱい踏む、という一連の動作を行い、後は、指導教官などによって示された、目標の場所に合わせて、ブレーキを踏んでいき、きちんと停車するというような具合になっているわけです。このような動作を、教習所などでやっている際には、少しラインをオーバーしてしまったりした際に、やり直すさいに、慌ててしまう人がおおいというふうにも言われていますが、焦らず、焦らず、改めて発信するくらいの気持ちで、いておくことが重要だ、という風に言えるでしょう。結局のところ、このような動作というのは、慣れなければ、なかなか覚えることができず、歴史の勉強などのように、頭の中で繰り返し唱えれば覚えられる、というような類のものではありません。体の感覚も、一緒に覚えなければ、いざという時にスムーズに動作をすることができませんし、実践と、勉強を繰り返していくのが、教習の難しいところである、というふうに言えるでしょう。

Categories: Uncategorized

未来のための施策を

以前、化石燃料を燃やしたときに発生する二酸化炭素の
量に応じて一律に課税するという化石燃料税の導入は、日本を「低炭素型国家」
に変えていくためにも必要だと述べる人がいました。それは、社会全体の省エネを促進
するとともに、再生可能なエネルギー開発などへの公的投資の原資に充てる
ことができるからです。
 自動車についていえば、化石燃料税を導入すれば、内燃機関を積んだ車の
燃費はかなり改善されていくでしょう。同時に、エレクトリックカーの開発も
盛んに行われていくはずです。
 自動車が、空気を汚して二酸化炭素を撒きちらす悪者だという汚名は、ど
こかでそそがなければなりません。そうしなければ、人々のクルマ離れはい
つまでたっても解消されず、そもそも運転免許を取りたいと思わなくなって
しまうかもしれません。車を運転できる人口が減れば、この国の自動車マー
ケットは、どこまでも縮小し続けることになってしまいます。その結末は、
日本の自動車産業の衰退であり、自動車産業を基幹とした日本の国そのもの
の衰退だと言っても過言ではありません。そこでその人は「この国の車を守る
ためにも、またこの国を守るためにも、自動車メーカーにはぜひ、崇高な理
想を掲げて、未来への果敢なチャレンジを行ってもらいたい」と言います。
そのために、政府と自動車業界が一体となって、大胆に省エネを進めて、二
酸化炭素排出を減らしていく施策が必要となるのです。

Categories: Uncategorized

エコ技術の融合の模索

ハイブリッド技術はしばしば「ディーゼル」と対比して紹介されてきました。
ハイブリッドは内燃機関と電気モードを組み合わせて燃費効率を上げる技術で
あるのに対し、ディーゼルは内燃機関の一種のことであり、視点の矛盾を認識
されつつも、「ハイブリッドとディーゼルは、果たしてどちらが有効なエコ技
術か?」というような趣旨の記事が掲載されてきた過去があります。技術とし
ては、ディーゼルとハイブリッドは対立するものではありませんし、燃費の向
上を追求していくのであれば、両者は融合されるべき技術と言えます。
 現時点のハイブリッドカーはガソリンエンジンを搭載していますが、これが
ディーゼルエンジンになっても構わないのです。むしろ単純に燃費効率で考え
れば、間違いなくディーゼルの方がポテンシャルが高く、ヨーロッパの自動車
メーカーの中には、将来ハイブリッドカーを商品化するとなれば、そのエンジ
ンはディーゼルになる可能性が高いと明言しているところもあります。
 現状のハイブリッドカーの主要マーケットがガソリン車主体の日本と北米に
あるため、日本ではディーゼル技術にそこまでの重きをおいてはいません。一
方、ヨーロッパでは、ハイブリッド技術において日本に遅れをとったという側
面もあるにしろ、ディーゼル技術の開発を進めています。なぜならヨーロッパ
のように車の平均速度が速く、アイドリング時間が短い地域においては、ハイ
ブリッド技術よりも、巡航燃費に優れたディーゼル技術の方がよりメリットを
持っているからです。燃費が良いということは、同時に二酸化炭素の排出量が
少ないということにもなるため、環境意識の高いヨーロッパの人々はますます
ディーゼル車を選ぶようになっています。
 ハイブリッド技術も突き詰めて考えていくと、内燃機関の選択がディーゼル
になる可能性が高まっていきます。今後日本でも、ディーゼル技術の研究が盛
んになっていくでしょう。

Categories: Uncategorized

交通事故

交通事故に遭遇して冷静で居られる人はいません。しかし出来る限り気持ちを落ち着けて、自分のなすべきことに心血を注ぐことが求められます。最優先事項は乗客の安全確保、負傷者の救護であり、それらが無事済めば、続発事故を防止するための措置を施します。次に警察や救急に通報し、遺留品が散らばっていれば保全するように努めます。余裕があれば負傷者の家族に連絡するようにしましょう。

続発事故を防ぐためには、適切な措置が肝心です。しかし難しいものではありませんから、冷静になれば誰でも適切に行動できるはずです。最初にすべきことは、車を安全な場所に移動させることです。路肩や空き地が望ましいのですが、状況次第とも言えます。こうした対処を冷静に行うためには、日ごろからイメージトレーニングしておくことが運転手に求められます。負傷者の救護については、医療関係者でない以上、出来る範囲で最善を尽くすしかありません。救急車を呼んだ後は、応急手当が必要になります。応急手当は旅客運転手であればトレーニングを受けるはずですが、実際に事故に遭遇したら、訓練通りに実施するのは難しいでしょう。ただ出来る限り冷静になって、覚えていることを試みます。応急手当の最中は電話連絡することも儘なりませんから、警察等への連絡は周囲の人にお願いするようにしましょう。自分で連絡する場合は、事態を正確に報告し、その都度指示を仰ぎます。乗客の所持品が飛散している時は、なるべく保全するように努めます。

運転手自身が負傷することもあるでしょう。軽傷だと見て病院に向かわないのはいけません。外見から異常が無いようでも、医師の診断は必要になります。特に頭部に衝撃が伝わっている場合、後遺症が生じる可能性もあります。後遺症はすぐに生じるものではありませんから、医療関係者の診断の前に素人が判断すべきではないのです。

Categories: Uncategorized

バスの運転手が守るべきこと

タクシーやバスの運転手になるには、教習所や合宿免許で免許を取得する必要があります。

バスの運転手には、タクシーの運転手とは異なる遵守事項が存在します。例えば不必要な会話は禁じられていますし、車掌がいる場合は連携が必要になります。車掌の合図には従わなければならず、発車時、後退時は車掌の誘導に沿った運転を心掛けます。

旅客運送の運転手はそもそも、高い責任感が要求される仕事です。運転のプロとして交通ルールを守ることは当然ですし、周囲の運転に不慣れな人に対して、優しく接することも規範となっています。車は現代社会において、事故死を生み出す凶器でもあります。しかしもはや欠かすことのできないものともなっており、皆がルールを守り、譲り合わなければならないのは自明です。その模範として求められるのが、プロの運転手の行動なのです。交通ルールは、道路を利用する全ての人が、安全に、スムーズに通行できることを目途としています。その交通ルールを守ることは社会人としての責務なのですが、残念ながら皆が遵守しているわけではありません。運転手は交通ルールを教示する存在として、社会の敬意を集める仕事だと言えるでしょう。

Categories: Uncategorized