Category: Uncategorized

合宿免許の取得方法

No Comments

合宿所に止まって近場の教習所に通って短期間で免許を取得する方法です。短期間で取得できますし約2週間みっちり授業を受ける形式から実技試験や筆記試験まで間隔が空かず合格しやすいと感じる人もいるそうです。さらに、費用に関しても教習所に通って免許を取得するよりかなり安く抑えられます。そのため、長期休暇が多く予算もなるべく抑えたいという学生に非常に人気な取得方法となっています。

そして、学生を主に狙って合宿を行うので、宿泊先によってはいろいろなイベントが行われます。例えば、ご当地名物の料理の食べ放題を開催したり、空き時間にスキーができる場所や夜に花火をしたりする場所があります。まるで旅行のような雰囲気を味わえるので友達同士や彼氏・彼女と一緒に参加する人が多いです。もちろん一人でも気楽に参加することができます。

こうしてみるといいことづくしに見えますが、同じ宿泊先でも週単位で値段が変わっていきますし、一度の予約が多人数になりがちなのでまだ予約に空きがあるように見えてもすぐ埋まってしまったりするので、合宿で免許の取得を考えている方は早めの計画が必要です。

三つ目は、あまり選ぶ人はいませんが、一発免許という方法があります。その名の通り、教習所で授業を受けることなく、いきなり免許センターで試験を受験して免許を取得する方法になります。たしかに、教習所に通わないため、時間も費用もかからないのですが、とても評価基準が高く合格することはかなり難しいとされています。運転に慣れている人でも、しっかり安全運転できる技術が備わっていると判定されることはほとんどありません。

この方法を選ぶ人は、免許を持っていたけど今現在は持っていないという人たちばかりなので、一度も免許を持っていたことがないという人はおすすめできません。

Categories: Uncategorized

運転免許の取得方法

No Comments

運転免許の取得までに必要な期間は、約2週間から9ヶ月と決められています。この期間というのは最初の教習が始まってから卒業証明をもらうまでとなっていて、この期間とはまた別に、仮免許有効期限や卒業証明をもらってから卒業検定を受けられる期限が決まっています。この9ヶ月という期間は、基本的に合宿で免許を取得する人にはあまり関係がありません(卒業検定までの期間は注意が必要です)が、教習所に通って免許を取得する人はあまりにも授業の間隔を空けすぎると、この期間を超過してしまう可能性があります。

では、ここで運転免許の取得方法を比較していきましょう。

まず一つ目が、教習所に通って免許を取得する方法です。これは、定期的に教習所まで通い授業を受けて免許を取得する方法になります。学生でないためまとまった長期休暇が取れない人や、学生でも閑散期を狙って暇な時間に通える人、単純に合宿がいやだという人が活用する傾向にあります。

教習所に通って免許を取得する際に注意したいのは、教習所の種類です。指定教習所か層ではない教習所かは入校前にしっかり確認しましょう。公安委員会が指定した自動車教習所のことを指定教習所と呼びますが、これと違い指定でない自動車教習所では、仮免許の技能試験の場所が教習所でなかったりすることが多く、細かいところの不便を感じる人が多いようです。

また、一番大事なのは通いやすさでしょう。教習所通いの免許取得では、およそ教習所に行く回数は20回で、行っても希望する時間の予約がいっぱいだったりして思うように行かないと30回ほどになるケースもあります。そのため、交通費、時間はとても重要になります。よく、友達と同じ教習所を選ぶ人がいますが、座学の授業以外は基本的に一人なのでそこまで意味はありません。通いやすさを重視するのがおすすめです。

Categories: Uncategorized

指定自動車教習所の法定講習

No Comments

指定自動車教習所は免許の新規取得のための教習と検定に加え、公安委員会から委託された各種講習も行っています。その中の一つに「法定講習」があります。免許を更新する際、交通事故を減らすためにもドライバーの再教育が義務付けられているのです。一般的にはビデオ映像で学びますが、講師が付け加えて講義することもあります。また運転中に法令違反を犯した人や、交通事故を起こした人、加齢や病気で運転が難しいと思われる人などに対しても、再教育を受けることが課されています。

具体的には、安全運転管理者等講習(多数の車を保有する人が選任した管理者に対して)、免許取消処分者講習、免許停止処分者講習、免許取得時講習、初心運転者講習(免許取得後1年を経過していない者に対して)、免許更新時講習、高齢運転者講習等があります。その他にも法律が義務付けていない講習があり、ペーパードライバーの復習や各種技能向上講習が設けられています。大型自動車の経験の少ない人が自発的に受講したり、高齢者と同等の認知能力しかないと自覚する人が受講したり、気候や地形等が特殊な地域での運転に不安を抱える人が専門的な対処法を学びに訪れたりします。

指定自動車教習所の役割は単に運転者養成にとどまらず、全国交通安全運動に乗じて地元の警察署や交通安全協会と連携し、教習所を開放する日を設けています。その日は衝突の疑似体験やエアーバッグの実演、動体視力の測定を実施し、地域の安全に貢献しています。また一般の方に無償で交通安全教育を行うこともあれば、学校や企業からの要請に応え、交通安全教室を開くこともあります。

 

Categories: Uncategorized

満席になることもあるよ!

No Comments

合宿免許に参加したい!と思っていざ予約しようとすると、すでに満席になっている!なんてこともあるようです。特に学生さんたちの大型連休になる夏休み・春休みシーズンは毎年満席になるそうです。自分にとって条件が良い場所に確実に入るためには3ヶ月前には予約する必要があるそうなのです。

最も混雑する時期は、1/20~3/20、7/20~9/10の期間だそうです。この期間に合宿免許に参加したい場合はピークを迎える前に予約をしておく必要があります。

入校日のピークは1~3月だそうです。11月~2月にかけて予約が殺到するそうなので、その前に予約をしてしまいましょう。

逆に閑散期というものが合宿免許には存在します。その期間は料金もリーズナブルになるそうです。先程挙げた1/20~3/20、7/20~9/10以外の期間ですね。この時期は割安ですし、入校者も少ないので落ち着いた雰囲気の中でゆっくりと講習を受けられるそうです。休みをとれるタイミングによりますが、リーズナブルかつゆっくりと講習を受けたいのならば閑散期が狙い目ですね。

やはり人気な合宿校から満席になっていきます。合宿免許で免許をとろう!と決めたらすぐにでも予約することがおすすめでしょう。せっかくまとまった休みが取れても、合宿校に入れなければ何の意味もありません。予約自体はかなり前からできるようなので、自動車学校や教習所に確認して早々に予約をとってしまいましょう。そして希望校で免許を取るための勉強に励めれば理想ですよね。そのためにもスケジュール管理をしっかりとして、インターネットからでも予約できる場所が多いようなので、しっかりと予約もしてしまいましょう。

Categories: Uncategorized

まとまったお休みが必要!

No Comments

合宿免許で普通自動車の免許を取得するには最短2週間必要になります。しかしこれは「最短」です。もっとかかる場合もあります。その時に必要なのはまとまったお休みがとれるかどうか、です。また、教習期間中はみっちりとスケジュールが組まれますので、バイトやレジャーの予定もいれられません。多少の融通はきくそうですが、基本的にいれられないと考えたほうがいいでしょう。

オートマチック車にするかマニュアル車にするかによっても卒業までの日数は変わってきます。卒業試験に落ちてしまい、延期になってしまうこともあります。その場合もしっかりと休みをとれていないと、このあと予定があるのに!なんて慌ててしまって受かる試験も落ちてしまう可能性も無きにしもあらずです。

学生さんでしたら長期休みにゆとりをいれてお休みを確保して合宿免許に挑んでみましょう。その間にはバイトはいれられない、などという点は十分注意です。
二輪車になると必要日数がもっと短くなったりして、ゴールデンウィークや年末年始でも日程によっては参加が可能ですが、普通自動車はそうはいきません。
免許合宿に参加したい!となった場合、確認すべきことはたくさんありますが、まずは自分が合宿に参加できるだけの休みを取れるかどうかを確認してみましょう。休みが確保できるとわかったのならば即予約がおすすめです。いつ頃に休みがとれるのかによって合宿所が満席になってしまう場合もありますので、休みがとれるかどうかわかった時点で予約してしまいましょう。

まとまったお休みが取れない人には、残念ですが向いていないのが免許合宿です。こればかりはどうしようもないことなので仕方がないですね。通学教習もメリットはたくさんあるのでそちらを視野に入れてみましょう。

Categories: Uncategorized