Category: Uncategorized

交通事故

No Comments

交通事故に遭遇して冷静で居られる人はいません。しかし出来る限り気持ちを落ち着けて、自分のなすべきことに心血を注ぐことが求められます。最優先事項は乗客の安全確保、負傷者の救護であり、それらが無事済めば、続発事故を防止するための措置を施します。次に警察や救急に通報し、遺留品が散らばっていれば保全するように努めます。余裕があれば負傷者の家族に連絡するようにしましょう。

続発事故を防ぐためには、適切な措置が肝心です。しかし難しいものではありませんから、冷静になれば誰でも適切に行動できるはずです。最初にすべきことは、車を安全な場所に移動させることです。路肩や空き地が望ましいのですが、状況次第とも言えます。こうした対処を冷静に行うためには、日ごろからイメージトレーニングしておくことが運転手に求められます。負傷者の救護については、医療関係者でない以上、出来る範囲で最善を尽くすしかありません。救急車を呼んだ後は、応急手当が必要になります。応急手当は旅客運転手であればトレーニングを受けるはずですが、実際に事故に遭遇したら、訓練通りに実施するのは難しいでしょう。ただ出来る限り冷静になって、覚えていることを試みます。応急手当の最中は電話連絡することも儘なりませんから、警察等への連絡は周囲の人にお願いするようにしましょう。自分で連絡する場合は、事態を正確に報告し、その都度指示を仰ぎます。乗客の所持品が飛散している時は、なるべく保全するように努めます。

運転手自身が負傷することもあるでしょう。軽傷だと見て病院に向かわないのはいけません。外見から異常が無いようでも、医師の診断は必要になります。特に頭部に衝撃が伝わっている場合、後遺症が生じる可能性もあります。後遺症はすぐに生じるものではありませんから、医療関係者の診断の前に素人が判断すべきではないのです。

Categories: Uncategorized

バスの運転手が守るべきこと

No Comments

タクシーやバスの運転手になるには、教習所や合宿免許で免許を取得する必要があります。

バスの運転手には、タクシーの運転手とは異なる遵守事項が存在します。例えば不必要な会話は禁じられていますし、車掌がいる場合は連携が必要になります。車掌の合図には従わなければならず、発車時、後退時は車掌の誘導に沿った運転を心掛けます。

旅客運送の運転手はそもそも、高い責任感が要求される仕事です。運転のプロとして交通ルールを守ることは当然ですし、周囲の運転に不慣れな人に対して、優しく接することも規範となっています。車は現代社会において、事故死を生み出す凶器でもあります。しかしもはや欠かすことのできないものともなっており、皆がルールを守り、譲り合わなければならないのは自明です。その模範として求められるのが、プロの運転手の行動なのです。交通ルールは、道路を利用する全ての人が、安全に、スムーズに通行できることを目途としています。その交通ルールを守ることは社会人としての責務なのですが、残念ながら皆が遵守しているわけではありません。運転手は交通ルールを教示する存在として、社会の敬意を集める仕事だと言えるでしょう。

Categories: Uncategorized

乗車拒否

No Comments

教習所や合宿免許でタクシーやバスの運転免許を取得する人はたくさんいると思います。

タクシーやバスの運転手には乗車拒否の権限が与えられています。但し拒否できるケースが予め定められていますから、従業前にそれらを確認しておくことが大切です。ここでは具体例を紹介しましょう。まずタクシーの運転の場合ですが、申し込みの時点で認可を受けた料金でない支払いであれば、断ることが出来ます。他にも定員を超過してしまう時や、運転に支障が生じる程の大きな荷物を乗客が持っている時、常識外の走行距離を要求された時、区域外の営業を求められた時、法令違反行為を求められた時、目的地が曖昧な時、過度に不潔な服装をしている時、危険物を所持している時、乗客が精神病患者、伝染病患者である時、回送中の時、それに天災が発生した時は乗車拒否することが出来ます。

次にバスの運転の場合ですが、危険物を所持している時、激しく酔っている時、他の乗客に迷惑を掛けると判断される時、指示に従わない時、精神病患者である時は、同様に乗車拒否することが出来ます。

では逆に運転手が守らなければならないことは何でしょうか。バスの運転の場合、まず室内灯を点けることが求められます。特に夜間は乗客の数に関わらず、必ず点けなければならないと定められています。また、運行時刻前の発車は固く禁じられています。バスを運転するに当たり、運行ダイヤを遵守することは基本です。乗客に勧められたとしても、定刻前の発車は認められません。バスの運転手は職務に関係の無い会話に参加することも禁じられています。

Categories: Uncategorized

乗務交代

No Comments

タクシーを運転できるようになるためには、教習所や合宿免許で免許を取得する必要があります。

タクシーの運転手は常務交代の際、次の運転手に申し継ぎを行わなければなりません。例えば車の異変を察知した時はその詳細を伝えなければなりませんし、運行中に気付いた道路の状況についても可能な範囲で教えることが求められます。もちろん特に報告が無かった場合でも、継いだ運転手は改めて車の安全チェックを行わなければなりません。特にハンドル、ブレーキ等の機能に問題がないかを確認することは、全運転手に義務付けられています。また乗務が終わった時は乗務記録を作成することも課されます。

ところでタクシーの「回送板」とは何でしょうか。タクシーの運転手は休憩時はもちろんのこと、帰路回送時や乗務距離の最高限度超過時、車の故障時にも、回送板を掲示しなければなりません。回送とは、そのまま車庫や営業所に向かうことを指しており、乗客を断ることが可能です。但し回送板は好き勝手に掲示できるわけではありませんから、上記のケースを除いて徒に掲げることの無いようにしましょう。

運転手としての格好に決まりはありませんが、運転を妨げるような格好は避けるべきでしょう。また、乗客を不快にさせるような格好も禁じられています。

Categories: Uncategorized

旅客運送と危険物

No Comments

教習所や合宿免許で第二種免許を取得すれば、タクシーやバスの運転手を務めることが出来ます。今回は旅客運送と危険物についてお話します。

タクシーやバスには持ち込めないものがあります。例を挙げましょう。大きな容器にガソリンや灯油を入れて持ち込むことは禁止されています。これらは危険物と見做されるからです。他にも火薬類、100グラムを超える花火、引火性液体等が禁止されています。またさらに細かく危険物として定められている物質があり、セルロイド類、黄リン、カーバイト、金属ナトリウム、マグネシウム粉、過酸化水素、過酸化ソーダ等も持ち込めません。放射性物質や硫酸、塩酸、高圧ガス、ホルマリン、クロロホルム等も、当然ながら乗車拒否の理由として有効です。

一般に危険物として認識されていない物も、場合によっては持ち込みを禁じられることがあります。例えば、電池、マッチ等もそれに当たります。動物の死体や、出入り口を塞ぐ可能性のあるものも、運転手の判断で持ち込めないことがあります。

運転手の心得として一番大切なことは、乗客の安全を守ることです。ですから酒気帯び運転は固く禁じられています。また、喫煙についても、乗客のいる状況下では禁じられています。運転手は他にも遵守事項が沢山あります。例えば、ドアの開閉時の安全確認は、自家用車に比べて念入りに行わなければなりません。ドアを開ける時は、安全に停止できたことを確認しなければなりませんし、発進する時はドアが確実に閉められていることを確認します。たまに発進の最中にドアを閉める運転手を見かけますが、間違った行為なので注意が必要です。

Categories: Uncategorized

応急手当の実際

No Comments

教習所や合宿免許などで晴れて免許を取得でき、タクシーやバスの運転手として働く方もいるかもしれません。

運転手として交通事故に遭遇した際、負傷者を救護しなければなりません。出血していれば、止血することが求められます。直接圧迫止血法でも関節圧迫止血法でも止まらない時は、止血帯を使って手や足を強く縛り、血流を遮ります。但しこの方法は最後の手段であり、専門家の指導を受けていない人が行うのは危険ですから、安易に踏み切らないようにします。負傷者の意識が確認できない時は、呼吸を助ける必要があります。まずは気道を確保するようにしましょう。方法はそれほど難しくありません。頭を後方に反らせて喉を広げればよいのです。ただし体勢をどのようにすれば良いのかについては訓練の末に身に付くスキルなので、自信の無い人は無理に行わないようにします。とはいえ、呼吸が認められない時は無理に気道を確保して、人工呼吸を施す他ありません。いわゆる口移しによるものであれば、素人でもそれほど難しくありませんが、普段から訓練を受けておいた方が無難でしょう。

ところで呼吸と脈とは連動するとは限りません。呼吸が認められない時でも脈の動きが確認されることもあります。万一呼吸も脈も認められない時は、人工呼吸に加えて心臓マッサージも施さなければなりません。心臓マッサージは素人がすぐに行えるものではなく、日ごろの訓練が物を言います。プロの運転手であれば、そうしたトレーニングを欠かさないようにしましょう。

さて、タクシーやバスには、持ち込みが禁止されているものがあります。いわゆる危険物がそれに当たりますが、出入口を塞ぐ恐れのあるものや、他の乗客に迷惑を掛ける恐れのある物も含まれます。

Categories: Uncategorized

合宿免許の取得方法

No Comments

合宿所に止まって近場の教習所に通って短期間で免許を取得する方法です。短期間で取得できますし約2週間みっちり授業を受ける形式から実技試験や筆記試験まで間隔が空かず合格しやすいと感じる人もいるそうです。さらに、費用に関しても教習所に通って免許を取得するよりかなり安く抑えられます。そのため、長期休暇が多く予算もなるべく抑えたいという学生に非常に人気な取得方法となっています。

そして、学生を主に狙って合宿を行うので、宿泊先によってはいろいろなイベントが行われます。例えば、ご当地名物の料理の食べ放題を開催したり、空き時間にスキーができる場所や夜に花火をしたりする場所があります。まるで旅行のような雰囲気を味わえるので友達同士や彼氏・彼女と一緒に参加する人が多いです。もちろん一人でも気楽に参加することができます。

こうしてみるといいことづくしに見えますが、同じ宿泊先でも週単位で値段が変わっていきますし、一度の予約が多人数になりがちなのでまだ予約に空きがあるように見えてもすぐ埋まってしまったりするので、合宿で免許の取得を考えている方は早めの計画が必要です。

三つ目は、あまり選ぶ人はいませんが、一発免許という方法があります。その名の通り、教習所で授業を受けることなく、いきなり免許センターで試験を受験して免許を取得する方法になります。たしかに、教習所に通わないため、時間も費用もかからないのですが、とても評価基準が高く合格することはかなり難しいとされています。運転に慣れている人でも、しっかり安全運転できる技術が備わっていると判定されることはほとんどありません。

この方法を選ぶ人は、免許を持っていたけど今現在は持っていないという人たちばかりなので、一度も免許を持っていたことがないという人はおすすめできません。

Categories: Uncategorized

運転免許の取得方法

No Comments

運転免許の取得までに必要な期間は、約2週間から9ヶ月と決められています。この期間というのは最初の教習が始まってから卒業証明をもらうまでとなっていて、この期間とはまた別に、仮免許有効期限や卒業証明をもらってから卒業検定を受けられる期限が決まっています。この9ヶ月という期間は、基本的に合宿で免許を取得する人にはあまり関係がありません(卒業検定までの期間は注意が必要です)が、教習所に通って免許を取得する人はあまりにも授業の間隔を空けすぎると、この期間を超過してしまう可能性があります。

では、ここで運転免許の取得方法を比較していきましょう。

まず一つ目が、教習所に通って免許を取得する方法です。これは、定期的に教習所まで通い授業を受けて免許を取得する方法になります。学生でないためまとまった長期休暇が取れない人や、学生でも閑散期を狙って暇な時間に通える人、単純に合宿がいやだという人が活用する傾向にあります。

教習所に通って免許を取得する際に注意したいのは、教習所の種類です。指定教習所か層ではない教習所かは入校前にしっかり確認しましょう。公安委員会が指定した自動車教習所のことを指定教習所と呼びますが、これと違い指定でない自動車教習所では、仮免許の技能試験の場所が教習所でなかったりすることが多く、細かいところの不便を感じる人が多いようです。

また、一番大事なのは通いやすさでしょう。教習所通いの免許取得では、およそ教習所に行く回数は20回で、行っても希望する時間の予約がいっぱいだったりして思うように行かないと30回ほどになるケースもあります。そのため、交通費、時間はとても重要になります。よく、友達と同じ教習所を選ぶ人がいますが、座学の授業以外は基本的に一人なのでそこまで意味はありません。通いやすさを重視するのがおすすめです。

Categories: Uncategorized

指定自動車教習所の法定講習

No Comments

指定自動車教習所は免許の新規取得のための教習と検定に加え、公安委員会から委託された各種講習も行っています。その中の一つに「法定講習」があります。免許を更新する際、交通事故を減らすためにもドライバーの再教育が義務付けられているのです。一般的にはビデオ映像で学びますが、講師が付け加えて講義することもあります。また運転中に法令違反を犯した人や、交通事故を起こした人、加齢や病気で運転が難しいと思われる人などに対しても、再教育を受けることが課されています。

具体的には、安全運転管理者等講習(多数の車を保有する人が選任した管理者に対して)、免許取消処分者講習、免許停止処分者講習、免許取得時講習、初心運転者講習(免許取得後1年を経過していない者に対して)、免許更新時講習、高齢運転者講習等があります。その他にも法律が義務付けていない講習があり、ペーパードライバーの復習や各種技能向上講習が設けられています。大型自動車の経験の少ない人が自発的に受講したり、高齢者と同等の認知能力しかないと自覚する人が受講したり、気候や地形等が特殊な地域での運転に不安を抱える人が専門的な対処法を学びに訪れたりします。

指定自動車教習所の役割は単に運転者養成にとどまらず、全国交通安全運動に乗じて地元の警察署や交通安全協会と連携し、教習所を開放する日を設けています。その日は衝突の疑似体験やエアーバッグの実演、動体視力の測定を実施し、地域の安全に貢献しています。また一般の方に無償で交通安全教育を行うこともあれば、学校や企業からの要請に応え、交通安全教室を開くこともあります。

 

Categories: Uncategorized

満席になることもあるよ!

No Comments

合宿免許に参加したい!と思っていざ予約しようとすると、すでに満席になっている!なんてこともあるようです。特に学生さんたちの大型連休になる夏休み・春休みシーズンは毎年満席になるそうです。自分にとって条件が良い場所に確実に入るためには3ヶ月前には予約する必要があるそうなのです。

最も混雑する時期は、1/20~3/20、7/20~9/10の期間だそうです。この期間に合宿免許に参加したい場合はピークを迎える前に予約をしておく必要があります。

入校日のピークは1~3月だそうです。11月~2月にかけて予約が殺到するそうなので、その前に予約をしてしまいましょう。

逆に閑散期というものが合宿免許には存在します。その期間は料金もリーズナブルになるそうです。先程挙げた1/20~3/20、7/20~9/10以外の期間ですね。この時期は割安ですし、入校者も少ないので落ち着いた雰囲気の中でゆっくりと講習を受けられるそうです。休みをとれるタイミングによりますが、リーズナブルかつゆっくりと講習を受けたいのならば閑散期が狙い目ですね。

やはり人気な合宿校から満席になっていきます。合宿免許で免許をとろう!と決めたらすぐにでも予約することがおすすめでしょう。せっかくまとまった休みが取れても、合宿校に入れなければ何の意味もありません。予約自体はかなり前からできるようなので、自動車学校や教習所に確認して早々に予約をとってしまいましょう。そして希望校で免許を取るための勉強に励めれば理想ですよね。そのためにもスケジュール管理をしっかりとして、インターネットからでも予約できる場所が多いようなので、しっかりと予約もしてしまいましょう。

Categories: Uncategorized